ホームアレーの特徴

ホームアレーの訪問診療は、担当医制
ホームアレーの訪問診療は、担当医制
定期訪問は担当医と看護師の2名体制で行います
医療連携にご協力いたします
医療連携にご協力いたします
入退院時の連携やレスパイト入院の調整などを
医師と相談員で協力しておこないます。
サービス担当者会議への参加
サービス担当者会議への参加
医師も担当者会議に参加いたします。
定期的な診療情報の提供
定期的な診療情報の提供
担当ケアマネジャー様には定期的に診療情報の
提供をしています。

費用について

訪問診療の費用は1ヶ月に1回まとめてご請求いたします。 患者様の状態や訪問の回数、検査や医療処置の内容によって、費用は異なります。高額療養費制度も記載してありますので、詳しくはこちらを参考にしてください。
対象負担割合おおよその負担金額負担額の上限
高齢者(70歳以上)
1割月1回 約3,500円~
月2回 約7,000円~
18,000円
2割月1回 約7,000円~
月2回 約15,000円~
18,000円
3割月1回 約10,500円~
月2回 約20,000円~
80,100円~
※所得によって異なる
一般(70歳未満)3割月1回 約10,500円~
月2回 約20,000円~
※所得によって異なる

・上記訪問診療の費用は1ヶ月分の費用です。患者様の状態や訪問の回数、検査や医療処置の内容によって変動いたします。

・当院は院外処方になりますので、薬剤費は別途必要です。

訪問診療の対象となる方

高齢や身体が不自由なことにより、通院が困難な方 (付き添いがないと通院できない方) 退院後在宅に移るにあたり、医療処置が必要な方 ※かかりつけ医がいない方のご相談にも応じます

連携

地域連携は在宅医療の要と考えております。 地域のケアマネジャー様には日頃から渉外担当やコーディネーターが顔の見える関係を作るようにしています。 患者様については、担当医師以外でも看護師やコーディネーターが状況把握に努め、 ケアマネジャー様との情報交換のための窓口となります。 サービス担当者会議には医師も積極的に参加し、患者様の情報共有を 介護関係者と綿密にできるようにしています。
  • 心不全
  • 脳血管疾患後遺症
  • 神経難病
  • 慢性呼吸不全
  • 老衰
  • 糖尿病
  • 骨折後
  • 関節リウマチ
  • 骨粗しょう症
  • じょく瘡
  • 認知症
  • 悪性腫瘍
※かかりつけ医がいない方のご相談にも応じます。
  • 中心静脈栄養
  • 胃ろう
  • 点滴管理
  • じょく瘡ケア
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器
  • 膀胱留置カテーテル
  • 緩和ケア

診療の申し込み

まずはお電話でお問い合わせください。 受付票をダウンロードして当院宛にFAXして申し込んでいただくこともできます。 連携するコーディネーターがご相談に応じます。
※受付票ダウンロードはこちら
受付票ダウンロード

お問い合わせ