在宅医療とは

  • 在宅医療とは
  • 通院が困難な状態の患者様へ
  • 月に1~2回の定期的な診療
  • 24時間365日の体制で在宅療養をサポート
  • 緊急時には病院との連携
  • 最期まで自宅で過ごすことを実現できる

在宅療養支援診療所は、加齢や何らかの障害で通院困難な患者様が在宅療養を続けられるよう、24時間365日サポートしていきます。訪問診療は、月に1回~2回の定期的な訪問がメインの診療になります。そして、体調が変化した際には緊急の連絡先にお電話をいただき、必要に応じて夜間や土日の緊急往診に伺います。ご病状に応じて相談のうえ、入院の手配もいたします。緊急連絡先は初診時にお渡しし、24時間365日繋がります。

ホームアレーでは、患者様の「病気の治療」だけではなく、「生活」に寄り添います。自宅でも施設でも、住み慣れた場所で療養するということは、患者様が病気を抱えながら日々の生活に向き合っていくということです。私どもは、その方らしい生活をどうやったら送れるのかを考えながら診療プランを考え、そのためのサポートをしています。また、日ごろから介護の事業所やケアマネジャー、訪問看護ステーション、薬局などと顔の見える関係を作り、患者様のサポートをチームで行うように意識しています。

ホームアレーの特徴

ホームアレーの訪問診療は、担当医制
ホームアレーの訪問診療は、担当医制
定期訪問は担当医と看護師の2名体制で行います
医療連携にご協力いたします
医療連携にご協力いたします
入退院時の連携やレスパイト入院の調整などを
医師と相談員で協力しておこないます。
サービス担当者会議への参加
サービス担当者会議への参加
医師も担当者会議に参加いたします。
定期的な診療情報の提供
定期的な診療情報の提供
担当ケアマネジャー様には定期的に診療情報の
提供をしています。
ホームアレーの訪問診療は、担当医制
ホームアレーの訪問診療は、担当医制
定期訪問は担当医と看護師の2名体制で行います
医療に詳しい相談員が対応いたします
新規の依頼受付や入退院調整には相談員が応じます。
在宅療養をトータルでコーディネート
在宅療養をトータルでコーディネート
在宅療養のケアマネジャーや訪問看護
ステーションが決まっていない場合には、
当院の相談員がコーディネートいたします。

ホームアレーの取り組み

ホームアレーでは地域のケアマネジャーや介護事業者、訪問看護ステーションと顔の見える関係をめざしています。 そのため、院内で各種医療の勉強会を開催したり、地域で行われる勉強会やイベントにも積極的に参加しています。 日頃から連携することが、いざチームを組む時にも即対応できる、という強みになります。

連携

様々な病院と連携を図っています。急変時の連携だけでなく、地域包括ケア病棟とのやりとりも頻繁におこなっています。また、がん緩和ケアについてもご希望があれば緩和ケア病棟との連携を図り、安心して過ごせる場所を一緒に考えていきます。

訪問診療の対象となる主な疾患

  • 心不全
  • 脳血管疾患後遺症
  • 神経難病
  • 慢性呼吸不全
  • 老衰
  • 糖尿病
  • 骨折後
  • 関節リウマチ
  • 骨粗しょう症
  • じょく瘡
  • 認知症
  • 悪性腫瘍
※かかりつけ医がいない方のご相談にも応じます。

訪問診療で行う主な処置や医療管理

  • 中心静脈栄養
  • 胃ろう
  • 点滴管理
  • じょく瘡ケア
  • 各種予防接種
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器
  • 膀胱留置カテーテル
  • 緩和ケア

訪問している患者様の状況や対応方法(例)

○お一人暮らしの方
玄関の鍵をキーボックスに入れてもらい、お一人で寝たきりの方にも対応します。 ○ご家族が仕事で忙しい方や遠方の方
診療に同席しなくても大丈夫です。心配なことがあれば、診療後にお電話で報告いたします。 ○デイサービスに毎日行っている方
デイサービスから帰宅後の夕方に訪問します。 ○生活保護を受給している方
生活保護対応の医療機関ですので、安心してご利用いただけます。ケースワーカーさんとも連携を図ります。 ○お薬をとりに行けない方
訪問してくれる薬局を紹介します。

診療の申し込み

まずはお電話でお問い合わせください。 受付票をダウンロードして当院宛にFAXして申し込んでいただくこともできます。 連携するコーディネーターがご相談に応じます。

※受付票ダウンロードはこちら
受付票ダウンロード