在宅医療とは

  • 在宅医療とは
  • 通院が困難な状態の患者様へ
  • 月に1~2回の定期的な診療
  • 24時間365日の体制で在宅療養をサポート
  • 緊急時には病院との連携
  • 最期まで自宅で過ごすことを実現できる

在宅療養支援診療所は、加齢や何らかの障害で通院困難な患者様が在宅療養を続けられるよう、24時間365日サポートしていきます。訪問診療は、月に1回~2回の定期的な訪問がメインの診療になります。そして、体調が変化した際には緊急の連絡先にお電話をいただき、必要に応じて夜間や土日の緊急往診に伺います。ご病状に応じて相談のうえ、入院の手配もいたします。緊急連絡先は初診時にお渡しし、24時間365日繋がります。

ホームアレーでは、患者様の「病気の治療」だけではなく、「生活」に寄り添います。自宅でも施設でも、住み慣れた場所で療養するということは、患者様が病気を抱えながら日々の生活に向き合っていくということです。私どもは、その方らしい生活をどうやったら送れるのかを考えながら診療プランを考え、そのためのサポートをしています。また、日ごろから介護の事業所やケアマネジャー、訪問看護ステーション、薬局などと顔の見える関係を作り、患者様のサポートをチームで行うように意識しています。