猛暑を乗り切る身体をつくる

梅雨があけると気温も一気にあがり暑い夏がやってきます。暑くなると気になるのが熱中症ですが、夏に向けて身体をつくることで熱中症のリスクもへるのでぜひ試してみてください。 

 

■暑熱順化(しょねつじゅんか) 

身体が暑さに慣れることを暑熱順化といいます。夏に向けて暑熱馴化することが暑さをのりきる対策のひとつです。暑さ慣れない身体の状態で一気に暑くなると熱中症になるリスクが高くなります。 

 

■暑熱順化するとどうなる 

暑さに身体が慣れてくることで、汗をかきやすいからだになります。気温があがってくると身体の熱もあがってくるため汗をかくことで体の中の熱をにがすのです。そのほかにも、皮膚の血管が広がることで身体の熱を外に発散しやすい状態になります。 

汗には塩分が含まれており、暑熱順化では汗の塩分の濃度は低くなるといった変化もおきることで汗をだしやすくなるのです。 

 

■暑熱順化の方法とは 

暑熱順化をするには入浴や運動をすることで汗をかくことで暑さに身体をならしていきます。だいたい数日から2週間程度かかるといわれているため暑くなる前の時期から少しずつ準備することが大切です。 

 

・運動 

「ややきつい」と感じる強度の運動がおすすめです。ウォーキングやジョギングなどを一回15~30分程度行うといいでしょう。普段の生活のなかで一駅分あるいたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段をつかうのもお勧めです。 

 

・入浴 

暑くなる時期ではシャワー浴になりがちですが、湯船につかっての入浴をするのがおすすめです。38~40度の温度で15分程度の入浴を目安にするといいでしょう。 

 

 

■熱中症にならないために 

真夏の暑さに備えるには暑くなる前からの備えも大切です。つゆの雨をさけて身体を動かし汗をかきやすいかきやすい身体をつくるようにしてください。 

 

 

Follow me!