新型コロナウィルスについて今分かっていること

新型コロナウイルスについて今分かっていること。
(厚生労働省 令和2年5月4日現在)

◆感染経路は:飛沫感染、接触感染
ただし、一定の環境下(閉鎖空間で近距離で他の人と話す)ではくしゃみや咳をしていなくても感染します。
新型コロナウイルス陽性の方と食事を共にしたらまず間違いなくうつると思ってください。

◆感染を広げるのは、症状がでる2日前から
通常の風邪は症状がでて3~4日と言われていますが、新型コロナウイルスでは症状がでる2日前のひとからうつった例があります。症状がなければ罹っていない、というわけではないので常に自分が保菌者である可能性を念頭に行動すること。

◆症状が1週間前後持続
その他に倦怠感や味覚・嗅覚障害がでるひとが多いことがわかっています。

◆8割が軽症。ただし、80歳以上では死亡率10%
若年者では8割のひとが軽症で、8割のひとが他の人にはうつさずに治るといわれます。
一方で、高齢者では死亡率が飛躍的に高くなり、10%の方が亡くなります。
そして、季節性インフルエンザの0.00016%-0.001%に比べ0.1%と致死率が高いといえます。

◆R2年1月―2月のウイルスと4月以降は違うウイルス
中国武漢からのウイルスは4月中旬に封じ込められたが(第1波)、その後に欧米経由で侵入した新型コロナウイルスが国内に広がったと考えられている(第2波)

◆有効な治療薬はない
現時点では有効性が確認された特異的な抗ウイルス薬やワクチンは存在せず、治療法は対症療法のみ。ワクチンは存在しないが、治療薬については既存のものから候補薬がでてきており研究が進められている

未だにわからないことの多いコロナウイルス感染症です。いろいろな情報があり、惑わされることもあるかもしれません。必要な情報を正確に知ることで日々の生活を大切にしてください。

参考:厚生労働省新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokumin

Follow me!